遺品整理業者を利用して故人の思い出を整理する|安心して任せられる

近年需要がある遺品整理

箱を持つ人

遺言書の有無を

皆さんは遺品整理業者の需要が近年、増加しているのをご存知でしたか。遺品整理業者は離れて暮らす親や身内が亡くなった場合に、故人が住んでいたお部屋の片付けを行う専門業者のことです。賃貸アパートなどに故人が暮らしていた場合は、家を明け渡さなくてはなりません。その際に遺品整理業者であれば、故人の思い出の品や貴重品などを分別して、部屋の片付けを行ってくれます。また、遺品のお炊き上げ供養や部屋の原状回復も行う業者もあります。この遺品整理業者に依頼する際は、事前に確認しておくべき注意事項があります。それは遺言書の有無確認で、遺品整理について遺言書に記載がある場合は、勝手に遺品整理をしてはいけません。遺言書は法的な効力を持ちますので、故人が遺言書に遺品についての要望を書いていれば、故人の意思を尊重する為にも遺言書の内容に沿った遺品整理を行う事が必要です。

必要なものは残してくれる

遺品整理業者が不用品処理業者と違う点は、まず作業前にお部屋の中でお線香をあげ、手を合わせて故人に対し敬意をはらってから作業に入ります。作業前や作業中に依頼者に確認を取りながら、必要なものと不要なものを迅速丁寧に仕分けて片付けていくところが特徴です。遺品整理業者は業務ノウハウから、遺族が必要とする遺品がおおよそ分かっていますので、必要なものまで処分してしまうことはありません。供養なしに処分するには問題があるような遺品は、遺品整理業者にて供養を実施後、廃棄処分してくれますので安心です。また、リサイクルにてお金に変えられそうなものは、リサイクル業者にて買取後、買取金額を処理費用から引いてくれるサービスを行っている業者もあります。

悔いを残さぬ片付け

メンズ

東京で故人の遺品整理に困っているのなら、遺品整理士が在籍する業者に依頼して片付けてもらいましょう。預金通帳や遺言書がある場合は身内でも取り扱いに注意が必要ですが、プロの業者なら確実な判断のもと仕訳を行ってもらえます。

業者に依頼するなら要確認

和室

福岡で遺品整理を業者に依頼するという場合には、費用はもちろんのこと、支払い方法や支払いのタイミングを確認するようにしましょう。また、作業に立ち会うことが出来ないという場合には、綿密な打ち合わせをすることが重要です。

的確な作業をしてくれます

ジャケットの人

身近な方が亡くなった場合、葬儀が終ったら、すぐに遺品整理をしなければなりません。特に遠方に住んでいたり賃貸の場合は早急に行う必要があります。そんな時には、遺品整理の業者に依頼する事をおすすめします。遺族の心に寄り添いながら的確に作業を進めてくれます。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。